HALC Design

スタッフブログ

カテゴリー【】の投稿一覧
2019年11月8日
CATEGORY :

 

昨日、二世帯住宅が上棟しました!

天候にも恵まれ、順調に工事が進みましたよ^^

 

 

今回の二世帯住宅は、共働きの若いご夫婦とお子様、ご主人のお母様とのお住まいです。

約半年間ゆっくりと、ご家族の皆さまとお話しをさせて頂きながら、

間取りを決めるまでにたくさんの時間をかけました。

 

間取りを考える上で、今回のご家族には下記のようなことを大切にしました。

 

☆ご夫婦もお母様もまだお若いので、日常はそれぞれの生活を楽しめるように、

プライバシーが守られる間取りであること。

 

☆仕事がお忙しいご夫婦なので、安心して子供をお母様に預けることが出来るように、

お母様と子供の動線を大事にしたこと。

 

☆若奥様こだわりのファミリークロークは、

忙しいご夫婦の家事時間短縮に役に立ってほしいという思いを込めて。

 

1月完成を目指し工事進めて行きます。

 

また、進捗ご報告させて頂きますね。

大平華子でした。

 

 

2019年9月30日
CATEGORY :

皆さまが二世帯住宅を建てられたら、

電気代、水道代など光熱費は親世帯、子世帯でどう負担されますか?

 

よくお客様にどうしたら良いですか?と質問されます。

 

・それぞれが使った分を負担する
・親の分まで子供が負担する
・子供の分まで親が負担する
・折半にする
・家賃制にする〝定額制〝

 

色んな方法がありますよね。

 

男性(ご主人やお父様)に多いのは、

「住んでから考えたらいいじゃん!」って軽い感じなのですが、

 

安易に考えて判断してしまうと、

住み始めてからの奥様やお母様のストレスや不満に結びつく可能性が高いことを知っておいて頂きたいですね。

 

 

二世帯住宅のポイントは、

住み始めてからのお互いのストレスを如何に最小限に抑えるかだと思っています。

 

ですので、建築検討段階から深く考えて頂き、

「それぞれ使った光熱費を負担する方が自分たちにとってストレスないな!」と思ったら

水道メーター、電気メーターを別々に設計する方法も選べます。

 

お金に関することは、特に慎重に検討してほしいです。

 

もちろん費用についても考えないといけませんが、住み始めてから幸せな生活を送り続けるには、自分たちにとって

何がベストなのかが一番大事ではないかなと考えます。

 

何が良いかは各ご家族の状況や価値観によって異なります。

 

お客様と一緒になって、「想像力を膨らませ」幸せな二世帯住宅づくりをしてきたいですね。

 

大平華子でした。

2019年8月10日
CATEGORY :

先日、ご主人のお母様との二世帯住宅を考えているご夫婦が

ご来場されました。

 

とても仲の良いご夫婦で、会話も弾み

「二世帯住宅を考える上で大事なことは何でしょうかねー」と、

1時間ほど楽しくディスカッションさせて頂きました。

 

私の方から色々と質問を投げかけさせて頂いたところ

ご主人と奥様の考え方が違うところが、たくさん出てくる、、、出てくる、、、

 

「えー それは違うでしょ!」とか

「そんな風に思っていたの? 私はこう思う!」などなど、夫婦でのやり取りが続きました。

 

やはり男性脳と女性脳は違いますから、感じ方も考え方も違うことが当たり前!

ですよね。

ましてや、夫婦でも育った環境は違うわけですからね。

 

大事なことは、家を造る前にたくさんディスカッションすることだと私は思っています。

特に、ご主人のお母様と同居される場合は、お嫁さんはご主人や姑さんに言えないことがたくさんあります。

今の時代その逆もあります。姑さんがお嫁さんに言えないことも、、、

でも言えないまま、意見を出し合わないまま、二世帯住宅を建ててしまうと

どうなるでしょうか。

 

 

幸せな二世帯住宅をデザインするために、このディスカッションの場を

私たちハルクデザインは、とても大事にしています。

そこから導き出された、各ご家庭の『カイテキ距離』を間取りやインテリアに反映させる。

そうすることで、「二世帯住宅にして正解だったよね! 幸せだよね。」と思って頂ける方々を

ひとりでも多く増やしたいですね。

 

大平華子でした。

 

2019年6月28日
CATEGORY :

これまでどんなに良い義親であっても

これまでどんなに気が合う義親であっても

一つ屋根の下に暮らすとなれば話は変わる。

 

きっと義親も同じ気持ちなのだろう。

 

この狭間に立つのはだれ?

主人であり、息子。

 

だけど、、

家づくりに置いては

私たちハルクデザインでありたい。

 

違う世代の暮らしが交わる

二世帯住宅、多世帯住宅を検討している

皆さまの背中を押してあげることができる

存在になりたい。

なぜなら、私も二世帯住宅生活の真っ最中。

二世帯住宅の素晴らしさを知っている。

だけど、、

一緒に住むことの難しさも知っている。

この難しさを、

間取りや窓の位置、音の気遣いなど

お客様の暮らし方に合わせて考える。

そして両世帯の「カイテキ距離」をお客様と一緒に見つけて行く。

 

そうすることで、

二世帯、多世帯住宅の本当の良さを、引き出すことができる。

心地良い暮らしを実現できるのではないかと考えています。

大平華子でした。

2019年6月3日
CATEGORY :

私たちHALC Design佐世保店は、主に「二世帯住宅・多世帯住宅」の住まいづくりの

提案をさせて頂いています。

 

これは弊社の社長が、「家族が一緒に暮らす」「家族が近くで住まう」ということが、共働きの夫婦や子供、おじいちゃんおばあちゃんにとってどれだけ幸せな事かを知り、そのような暮らしに特化した住まいづくりを応援したいと思うようになったのがきっかけです。

 

 

実際、最近は二世帯住宅が注目され、関心を持ち建てている方も増えていると感じます。

 

ではなぜ、二世帯住宅が注目されているのか?

 

調べてみると、過去にも二世帯住宅が注目されたことは、何度もあったようです。

 

その社会背景には、

●地価の高騰で土地を取得するのが難しくなったこと

●不況による経済状況が不安定なこと

●育児休暇制度の実施により共働き世帯が増えたこと

●超高齢化社会を迎え、介護制度の実施により親世代の面倒をみる必要が生じたこと

 

などが挙げられています。

 

そして、近年では…

御存じのように、様々な大災害が全国各地でおこっています。

 

一人ではとても乗り越えらない災難も、一番身近に寄り添う家族や地域の人の手助けがあることで、少しづつ乗り越えられるのかもしれない…等

人とのつながりの重要さに気づくことができました。

 

そして今、失われつつあった地域や人との関係を取り戻そうという意識から、同居やシェアへ関心が寄せられていいるようです。

 

私たちも、二世帯住宅を通じて皆様の生活が、安心して安全に暮らせるような家づくりを提案し、お手伝いしていきたいと思います。