HALC Design

スタッフブログ

2021年1月24日
CATEGORY :

二世帯住宅となると、特に将来を見据えたバリアフリーの家づくりを

検討されることをおすすめします。

 

親世帯は元気だと思っていても、この先仕事をリタイヤしたり、

病気やケガで介護が必要になったり、さまざまな状況の変化が予測できます。

 

主なバリアフリー住宅といいますと、以下のような事があげられます。

 

 

・段差をなくす。

・廊下や広くする。

・出入口は広く、引き戸にする。

・手すりをつける。

・車椅子が曲がったり旋回しやすい空間を設ける。

・介助者のスペースを確保する。

・スロープを設置し庭に出やすくする。

 

これらに加えさらに重要となるのは、

「住まいの温度差をなくす家づくり」をすることです。

 

冬場のリビングは暖かくても、トイレや脱衣所は寒くて、

温度差によるヒートショックを起こし倒れる。

という事をよく耳にします。

 

 

健康リスクを抑える冬の室内温度の目安は18℃だと言われていますので、

断熱性に優れた家にし、家中どこに居ても温度差がなく快適な空間にしたいものです。

 

また訪問介護などにも対応できるよう、

間取りやデイサービスなどの送迎車への動線などを

考慮して設計しておくと、将来の介護の不安が軽減できます。