HALC Design

スタッフブログ

2020年12月24日
CATEGORY :

二世帯住宅で重要視されることのひとつとして、やはり『プライバシーの確保』があげられます。

実の親子でも、それぞれのプライベート空間が守られないと

ストレスを感じてしまうことがありますよね。

 

『安心できるプライベートな部屋』『ひとりの時間を楽しめる空間』など

あらかじめ設けておくことはとても大事なことだと思います。

 

また子世帯と親世帯の寝室は、距離を空けたり、階を分けた方が、

お互いが干渉せず気兼ねなく暮らす秘訣のようです。

 

さらに、もうすぐお正月ですが、独立した子どもたちにとっての「実家」でもあるので、

子どもや親戚家族が集まって一緒に食事をすることもあります。

 

 

そんな時でもストレスを感じずに生活できるように、

ゲストルームを設けるなど予備の部屋を設けることも考えていいかもしれません。

 

これもストレスフリーの二世帯住宅をつくるためのキーポイントです。