HALC Design

スタッフブログ

2021年1月21日
CATEGORY :

寒さ対策におけるカーテン選びにおいて、カラー選びも大事な要素です。

 

お部屋によっては、約4分の1ほどを占める大きな存在であるカーテンの色は

視覚だけでなく、心理的・生理的に大きな影響力を持ちます。

 

そこで取り入れたいのが、赤色やオレンジ色、黄色など暖色系のカーテンです。

 

 

これらの色は、温かみを感じられるカラーで、

青を中心とした寒色系と比べて3度ほど暖かく感じると言われています。

 

ただし、ビビッドな赤色など彩度が高い色味が大きな面積を占めると、

興奮して落ち着かない空間になりますので気をつけましょう。

 

彩度が低めのベージュやアイボリー、ブラウンなどを基調にして、

適度に暖色を取り入れると、穏やかな気持ちになると同時に温かみも感じられます。

 

カーテンの色にもこだわって

冬のお部屋を暖かくしましょう。