HALC Design

スタッフブログ

2021年1月14日

今回は、ハニカムスクリーンによる間仕切りの工夫をご紹介いたします。

 

 

ハニカム構造のスクリーンは、冬の冷え込みを防せぐ優れモノです。

 

秘密はハチの巣のような形のスクリーンにできる”空気層”。

実は、空気は熱伝導率が低く、まさに理想の断熱材といえます。

このハニカム構造にすることで、断熱効果が一層高くなります。

 

 

 

 

窓はもちろんですが、

ハルクデザインからのオススメは、間仕切りとして使うことです。

リビング階段や、玄関と繋がった廊下などに吊るすことで

冷たい空気が流れ込んだり、暖かい空気が逃げてしまうのを防いでくれ、省エネにつながります。

 

しかも見た目がスッキリして、オシャレ!

 

寒さ対策のひとつとして、採用されてはいかがでしょうか?。